青汁ニスト の更新 コメントスレッドの表示切替 | キーボードショートカット

  • 青汁ニスト 5:20 PM | 2017年3月17日 パーマリンク | 返信  

    青汁はこんな人におすすめ 

    青汁は誰でも知っていると思いますが、独特な味なので苦手という人も多いと思います。しかし、牛乳に割って飲んだり、ハチミツを入れるなどすれば飲みやすくなるので、もし、今まで敬遠している人がいたら是非、試して欲しいです。青汁は様々な健康効果が期待できるといわれていますが、どんな人におすすめか紹介したいと思います。

    まずは、忙しい人におすすめです。仕事、家事、育児などで多忙な日々を送っているとなかなか栄養バランスの良い食事を作ることが難しいですよね。朝はゆっくり朝食を取っている暇なんてないという人もたくさんいると思います。そんな人は青汁をさっと作って飲めば栄養のある食事にする事が出来るので忙しい人におすすめです。そして、普段から疲れやすく、寝ても疲れが取れない人にもおすすめです。季節の変わり目や夏バテで体の調子が悪い人は青汁ならビタミン、ミネラルがたくさん入っているので体調を良くしてくれます。

    手っ取り早く野菜を摂る事が出来るので毎日の疲れが抜けないという人におすすめです。

    そして、時間がなくて外食中心の生活をしている人にもおすすめです。外食だとついつい自分の好きなものばかり頼んでしまって栄養バランスが崩れがちです。特に野菜の栄養素が足りない人が多いのでそんな時にも青汁は重宝します。毎日ほぼ外食という人も1日1回で良いので青汁を作り栄養のバランスを整えるようにしましょう。

    そして、便秘気味の人にもおすすめです。青汁にはたくさんの食物繊維が含まれているので青汁を飲んで便秘が解消したという人がたくさんいます。便秘は様々な体の不調を引き起こすので是非、便秘解消に役立ててください。

    また、美肌を目指している人にもおすすめです。青汁には様々な野菜が入っており、ビタミンなどお肌に良い成分をたくさん摂る事が可能です。最近、肌の調子が悪いなと思っている人は是非、積極的に青汁を飲んでお肌の調子を整えてください。

    このように、青汁は様々な悩みを解決してくれる万能な健康食品です。ダイエットにも使われることが多いので特に女性に好まれています。また、野菜嫌いな子供も良く飲んでいるので普段の食事から野菜を十分に摂れていない人におすすめです。上記で説明したような不調がある人は青汁なら簡単に作って飲むことが出来るので是非、利用してみてください。そして、いつまでも若々しく健康でいてくださいね。青汁が気になった人はまずは試してみる事をおすすめします。

     
    美味しくて飲みやすい青汁で健康生活をはじめよう!
    青汁人気ランキング

     
  • 青汁ニスト 5:18 PM | 2017年3月17日 パーマリンク | 返信  

    青汁を選ぶポイントは? 

    青汁は手軽に食物繊維やビタミン、ミネラルなどを補給できて健康に役立つ飲料ですね。ただ独特の苦みや青臭さがあって、苦手な人もいるようです。せっかく買ったけど口に合わなくて続けられなかった、というケースもあります。どうせ買うなら飲みやすくておいしい方がいい、という声ももっともですね。またあんまり苦いと長く続けるのが難しいという人もいます。

    最近ではかなり飲みやすさにこだわった青汁も多く出ています。苦手だったけど、青汁を習慣にしたい、という人はどんなポイントに気をつけて飲んでみたらいいのでしょうか?

    青汁を選ぶときのポイントは、飲む目的、青汁の原料と栄養価、飲みやすさ、価格などです。まず青汁を飲む目的を最初に決めておくと、選ぶときにある程度商品を絞ることができます。野菜不足の解消、お通じの改善、美容のためなどの目的が決まっていると、選びやすいですね。お通じの改善が目的なら、食物繊維が豊富な青汁のほうがおすすめです。また美肌や美容目的なら、酵素や美容成分をたっぷり配合したタイプの方が適しています。

    青汁の原料にはケールや大麦若葉、明日葉、クマザサなどが使われています。複数をブレンドしているタイプもあります。ケールは独特の苦みがあって苦手という人も多いのですが、栄養価が高く、ビタミンやカルシウムが豊富です。大麦若葉はアンチエイジング効果が高くなっています。明日葉はカロチンやカリウムが豊富です。自分が必要としている栄養が高そうな青汁を選ぶと、健康に役立てることができます。

    原料になる野菜が無農薬栽培かどうかもチェックしておくといいですね。1杯あたりのカロリーや栄養価がはっきりわかるタイプを選ぶ方がおすすめです。甘めの青汁も多くありますが、ダイエットをしている人なら、1杯あたりのカロリーを確認しておきましょう。もちろんカロリーが低いタイプを選ぶ必要があります。

    続けやすい価格になっているかどうかも、大切です。毎日のように飲んでいくので、なるべくリーズナブルな価格で高い栄養価の青汁を選ぶといいですね。

    青汁と一口に行っても、メーカーによって原料や味わいが大きく異なります。青汁を飲みたい、と思うときにどんな目的で飲むのかは人それぞれです。自分の目的にマッチした青汁を選んで、材料や味わいやカロリーをしっかりとチェックしていくといいですね。青汁は各メーカーからいろんな商品が出ているので、よく比較して決めましょう。

     
  • 青汁ニスト 5:18 PM | 2017年2月17日 パーマリンク | 返信  

    青汁のメリットはこの3つ 

    最近、青汁、スムージーなど、野菜や果物をブレンドしたドリンクが定番の健康メニューになっていますね。
    青汁とスムージーの違いは、果物の有無ですが、フルーツ入りのものもあるなど、厳密に定義があるわけではありません。
    青汁のメリットは大きく3つ、まずその1は、自分好みの物が作れることです。
    青汁は自分で作ることも出来ますし、市販の粉やドリンク状のものを買って飲むことも出来ます。つまりいろんな方法で体内に取り込めるんですね。
    ちょっと野菜が足りていない気がするので、1回飲み切りのを買う、またお菓子に混ぜて楽しく摂取してみる、などかなり好き勝手が可能、
    通常の野菜の栄養を気軽にアレンジして取ろうと思えば、かなり料理の工夫が必要になりますよね。その手間がいらず、気軽に摂取、
    好きなように摂取、これが大きなポイントです。
    また豆乳や牛乳といった「たんぱく質」など青汁には少ない栄養素を含んだ食品と、同時に摂取して、より健康への効果が期待できるのも嬉しい所です。
    いろんな飲み方を試してみてください。野菜を育てるのもまた別の楽しみが出来ます。
    2つ目に、青汁に使われている野菜は明日葉、ケール、大麦若葉など、あまり野菜売り場では目にしない名前が多いですよね。
    これらは、普通に食べるのには面倒だったり、実は味がイマイチだったり、ということがあります。
    しかし、青汁にしてしまえば、ブレンドが可能、また野菜を生で食べようと思えば、かなりの量が必要ですが、粉やドリンクに圧縮してしまえば、かなりカサが減ります。つまりより多くの栄養を取りこみやすくなります。
    大麦若葉や、明日葉などは高血圧などの生活習慣病に効果があると言われます。詳しくはそれぞれの野菜をチェックして、自分に合うものを確かめてみてください。また日常取りにくい野菜を多めに取ることで、取り過ぎになりがちな糖質の摂取を抑えることも可能、
    例えばおやつのときに、青汁と何か、にしておけば、無駄に脂肪やカロリーを取らずに済むのです。
    3つ目に「薬ではない」というポイントがあります。青い植物でも漢方に使用されるものは、即効性があったりもしますが、基本的に青汁は「食品」です。
    極端な副作用が無く、面倒なときはやめる、といういい加減さが可能、
    こういった方法でも1回飲めば、そのときはビタミン、ミネラルを筆頭とする現代人にかけがちな栄養は取れる、というメリットがあります。
    もちろん継続した方が、新陳代謝やホルモンバランスの維持には良いですが「こうしなくてはいけない」というものではありません。
    「お試しセット」を何度も買ってもいいのです。ただしアレルギーがある人の場合は、食品アレルギーと同じことが起きる可能性がありますので、選び方には注意してくださいね。
    味、飲み方、栄養など自分の体調や気分にあったものを楽しんでください。

     
  • 青汁ニスト 5:14 PM | 2017年1月17日 パーマリンク | 返信  

    青汁は価格で選べば間違いない! 

    日々口にすることになる青汁は間違いのないものを選択したいものですよね?万が一栄養の無いものを飲んでいたとなっては意味がありません。毎日継続的に飲むからには効果のあるものを摂取したいものです。

    青汁をどのメーカーから購入するか迷った際、一つの判断材料となってくれるのが価格です。価格は非常に正直です。確かに安ければ安いほど嬉しいというのは間違いないのですがその分栄養素がとても少なかったりするわけです。では逆に高ければ高いほどよいのか、という話になりますがそれも残念ながら誤りです。大した栄養が含まれていないにも関わらず、ブランド戦略の一貫として高い価格がついていることは多々ある話です。

    私がここで述べたいのは、価格を第一の判断材料として他の判断材料もチェックした上で毎日摂取する青汁を決めて欲しいということです。各栄養素の含有量、用法をチェックした際にそれらが表示されている価格とマッチしているか確かめて欲しいわけです。

    それはそのブランドの信頼性を図る方法でもあります。タイトルには価格で選べば間違いないと記述しましたが、正確には「価格を基準にして選択すれば間違いない」となります。まずはじめにチェックするのは価格、その後に他の要素というわけですね。

    私は実際この方法で青汁を選択しており、そのおかげで毎日とても健康的に生活することができています。よく青汁を購入した人が話す失敗談の一つに、味が味覚に合わなかったというものがありますが、これは価格に納得していないから生じる問題でもあります。青汁の価格に妥協しているから、若しくは無理をしているから味というふわふわしたものを中心に不満が爆発してしまうというわけです。価格に納得さえしていれば多少味覚に味がマッチしなかったとしても満足して日々飲むことができるというものです。本来青汁の味というものは決して美味しいものではありませんから。

    よく青汁を選択する上で、栄養素の含有量にだけは妥協したくないと述べている人がいますが、その気持ちはよくわかります。栄養を取るための青汁ですからその栄養に妥協したくないというのは当然です。ですが私は敢えてそんなみなさんに最も妥協してはいけないのは価格であるということを強くアピールさせて頂きます。騙されたと思って価格を基準に青汁を選択してみてはいかがでしょうか?きっと自分を健康にしてくれるピッタリの青汁と巡り会えることですよ。

     
  • 青汁ニスト 5:13 PM | 2016年12月18日 パーマリンク | 返信  

    乳酸菌が入った青汁を飲んでいます 

    私は自炊をしているので、一人分の食事を作るのがとても大変です。一人分の食事を作るのはとても無駄が多いのです。野菜類は特に無駄になって、なかなか買わないことが多くて、野菜を食べる機会がだんだんと少なくなってしまうのです。

    それで、野菜不足をなんとかしたいと思って、テレビでコマーシャルしている青汁を知り、無料お試しや、トライアルコースを頼んで飲んでみることにしたのです。
    いろいろな青汁があることを知りましたが、どれもそれぞれに美味しい感じがして、昔の青汁がまずいというイメージは消えてしまいました。

    冷蔵庫で冷やしておいたミネラルウォーターで青汁の粉末を溶かして飲むのですが、シェイカーが付いてくるものもあって、シェイカーでシャカシャカして混ぜる方法もあります。

    私が気に入って注文したのは、世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁です。青汁の野菜の栄養に加えて、乳酸菌も摂取できるということで、これは一石二鳥でいいな、と思いました。
    味も美味しくて、ミネラルウォーターで溶かして混ぜて飲むのですが、さっと溶けて簡単に青汁を作ることができるのです。
    ほとんどの青汁が1回分ずつ小分けになっているのですが、乳酸菌が入った青汁もスティック状になっていて、持ち運びができるのです。1日に2杯くらいをめどに飲んでいますが、体にはとても良いようで、野菜不足や食物繊維不足がそれほど気にならなくなりました。食物繊維不足は便秘につながるので、糞づまりになってしまうのですが、青汁を飲むようになってから、便通も定期的にあるようになって、お腹の張りが減ってきました。

    1日350グラムの野菜を食べるのははっきり言って無理です。ですが、1杯の青汁を飲むことは可能です。冬はホットにして飲むこともできますが、私は冷たい青汁の方が好きです。抹茶味で飲みやすく、さらっとしていて、喉越しもよくてとっても飲みやすいのです。世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁は最初15包入りが1000円で買うことができて、3箱まで買うことができるので、とっても経済的でもあります。メインに使われているのは大麦若葉です。大麦若葉の栄養がそのまま体に取り込まれるので、とても体調が良くなります。

    一人暮らしで食生活が乱れがちになるのですが、青汁で野菜不足を何とかしているというような感じで、飲んでいなかった頃に比べると、確実に健康になってきているような感じがするので、それだけの効果があるのでしょう。

     
  • 青汁ニスト 5:13 PM | 2016年11月17日 パーマリンク | 返信  

    健康増進に貢献する青汁 

    青汁は日常的に飲むことによって、健康増進の効果を強く期待できるのではないかと考えられています。幅広い年代層の人に対して、こうした特徴が該当するのではないかと考えられているため、高い頻度で青汁を飲むことが望ましいと認識されているのではないでしょうか。体の調子を整えることや、病気の予防などに対して青汁が役立てられる傾向が強く見受けられているものの、習慣的に青汁を日常生活に取り入れることはメリットの大きなものであると言えるのではないかと思います。

    緑黄色野菜などから生成される青汁は、健康的な状態をキープするメリットを強く期待できると認識されています。そのため、毎日飲むことが推奨されることにも繋がってきており、実際に青汁で健康増進を実現させることが格段に増加しています。

    医療的な観点からも、このような青汁の健康増幅にまつわる作用は強く期待できると考えられているため、積極的に飲むことが年代や性別を問わず望ましいと考えられています。病気を抱えている人も、青汁によって症状を緩和できる可能性を高めることが見込まれるケースもあるため、飲む習慣を実現させることが待望されています。

    青汁は簡単に摂取できる環境も各地で整備されてきており、健康維持に対して役立てられる特徴も強化されています。そのため、こまめに青汁を日常的な食事に取り入れる人が多くなってきており、手軽に健康維持や健康増進に繋げている人が飛躍的に増加していると言えるのではないでしょうか。

    飲みやすいタイプの青汁も以前に比べて非常に高い人気を誇るアイテムとなり始めていることから、健康に関心のある人から愛飲されています。青汁が人々の健康に対してメリットをもたらすことについては、より多くの人々から認知されることが今後は期待されていくのではないかと見込まれています。

    青汁を取り入れながら、日々の健康的な生活を維持する人は、これから更に増加していくのではないかと想定されています。青汁が様々なところで飲まれるものとなってきていますが、健康維持という大きなメリットがクローズアップされる機会も次第に増加するのではないかと思います。

    昨今は健康的に過ごしたいと希望する人の存在が、着実に増加しているとみられています。そのため、健康に配慮する人を中心として、青汁がこれまで以上に高い頻度で利活用されていくのではないかと考えられていることから、青汁自体の普及にも寄与するとみられています。

     
c
compose new post
j
next post/next comment
k
previous post/previous comment
r
reply
e
edit
o
show/hide comments
t
go to top
l
go to login
h
show/hide help
shift + esc
cancel